結婚準備~ベッド選び~

画像
結婚をされる方が購入するベッドのサイズはどのサイズが多いのか?
仲が良い二人は、ダブルベッドサイズが大多数?と思うかもしれませんが、実際は、
ダブルサイズ 約55
クィーンサイズ 約13
キングサイズ 約
その他 約9パーセント
になります。この他には、ワイドダブルサイズも人気があり、その他約9パーセントの中の数パーセントに含まれるとおもいます。
データは、全国を対象としているので、ちょっと違うのですが、山梨県内では、ワイドダブルサイズがダブルサイズを上回っていて、今1番人気です。

しかし、これらのサイズの%を足すと、約80%です。これ以外では、
シングル 約14
セミダブル 約
になります。
ほとんどの人がシングルサイズの上で一緒に寝る、というようなアツアツカップルというわけではなく、シングルベッド2台やセミダブルサイズ2台、もしくはシングル1台セミダブル1台など購入パターンだとおもいます。山梨県内では、シングルサイズを2台という方が多いです。

のざわでは、フランスベッド製のマットレスだけでも大きく分けて10種類以上を扱っています。
ダブルやワイドダブルの場合、どうしても同じマットレスに二人で寝ることになってしまうので、「私は固めがいいのだけど・・妻が柔らかいのがいいらしくて・・」というようなことが起きてしまいます。
しかし、セミシングル(巾80cm~85cm)2台などのツインベッドと呼ばれる2台のベッドをピッタリとくっつけることのできるベッドの場合、お互い、好きなマットレスを選ぶことが可能です。近年、マンション・アパートの大きさも拡大の傾向があります。ベッドルームとして1部屋確保できるのであれば、6畳もあれば、キングサイズのベッドも十分に置けるとおもいます。

昔は、夫婦で同じものを揃えるのが主流でした。
現在は帰宅時間が異なる夫婦や好みが違う夫婦、寝るときは別々がいい夫婦など、色々なケースが考えられますが、やはり自分だけのスペースとしてのベッドにこだわってみるのもいいのではないでしょうか?

ベッドといえばマットレス。そう考えられる方も非常に多いのではないでしょうか。
スプリングマットレス購入 約90
その他のマットレス購入  約10
つまり10人の9人はスプリングマットレスを購入した形となります。
畳ベッドや床板ベッドなどは、やはりスプリングマットレスとくらべて見劣りしてしまうのが現状といったところでしょうか。

結婚の際には、少々奮発して高級マットレスを購入する方が多いようです。せっかくなら長く良いモノを使いたい。誰もがそう思うところなのではないでしょうか?

ベッドはフレームも大事ですが、マットレスが命。
結局、どこの上で寝るかといえば、マットレスの上で寝るということです。
スプリングマットレスも多数、種類がありますので、適当に選んでしまうのではなく、是非、じっくりと自分の体にあったマットレスを手に入れて欲しいと思います。

「だいたいみんなどのくらいのベッドを購入しているんだろう?」
新聞広告をみると、59,800円のダブルサイズのベッドや、マットレス・シングル19,800円があったりします。しかし、もう少し良いモノが欲しい。
では、だいたい幾らくらいのものを購入しているのだろうか?
ダブルサイズやシングルサイズなどに関わらず、あくまで購入金額比率となりますが、
5万円未満   約
5~10万円  約20
10~15万円 約25
15~20万円 約18
20~25万円 約13
25~30万円 約
30~35万円 約
35万円以上 約
値段的には5万円~15万円台が全体の45%を占め、15万円以上でも45%を占めます。
やはり長く使うモノだから、良いモノを使いたいという方や、結婚の時くらい良いモノを買いたいという方、マットレス選びに慎重になった方が多いのではないでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス