羽毛ふとんの選び方~羽毛ふとんは1年中使える!?~

画像
日本には四季がありそれぞれの季節(春・夏・秋・冬)によって気象条件が大きく異なります。
季節の移り変わりによる自然界の景色には目を見張るほどのすばらしさがありますが、山梨県においてはその反面寒暖のさが激しく、快適な睡眠を得るためには室温、寝具等の調節は重要になっています。
羽毛ふとんは、1枚で一年中使えるものではありません。
その季節、室温、地域、などの条件によりその縫製や羽毛の量の増減により調節します。
真冬の寒いときは、羽毛ふとんで中身が1.3kg~1.5kg位
春先から梅雨時は、羽毛合掛ふとんで中身が0.7kg~0.9kg位
初夏から盛夏までが、羽毛肌掛ふとんで中身が0.3kg~0.5k位
が目安です。
盛夏の季節で熱帯夜などの時期は、やはり羽毛ふとんはやめて綿毛布やタオルケッット、麻肌掛ふとんなどをお勧めします。この時期でも、エアコンなどを使って室温調節する方には羽毛ふとんは最適だと思います。

季節にあわせて、羽毛ふとんを快適に使うには、少なくとも冬掛ふとんと肌掛ふとんは必要と考えます
一番寒いときはこの2枚を重ねて使うとより暖かさを得られるため、肌掛ふとんは、決して夏用の羽毛ふとんと決めつけないで、上手に使い分けてください。

近年、羽毛合掛ふとんと肌掛ふとんをボタンホックで重ねている二枚あわせの羽毛ふとんがあります。(アンサンブルやデュエットなど)メーカーによって名前が異なりますが、季節に合わせて羽毛ふとん使うのに便利です。
しかし、冬は側地2枚分になるため、重くなったり、ボタンホックが気になったり、ボタンが重いなどの欠点や、大きいサイズでは、二人で使うため上の羽毛ふとんと下の羽毛ふとんを取り合って上下ががズレてしまったなどの欠点があります。

のざわは、羽毛ふとんの専門店です。「納得いくまで説明します、できます。」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0