羽毛ふとんと毛布の関係。~重たい毛布を掛けていませんか~

画像
アクリル毛布というと、2重の毛布。首にかかる部分がファーになっていて、取り扱いが大変で
干すのも大変という声を聞くことがあります。
最近では、羽毛ふとんの普及がすすみほとんど人が羽毛ふとんを使っています。
しかし、羽毛ふとん1枚では寒い!頼りない!
もう1枚、毛布を掛けたい!

羽毛ふとんと毛布を併用するとき、こんなことを聞きます。
「毛布は、羽毛ふとんの上にのせるのよ!」
「羽毛をじかにしないと、羽毛の良さがなくなるよ!」

しかし、よく考えるとこの言葉、矛盾が多いとおもいませんか?
羽毛ふとんと2重の襟付き毛布の重さをくらべてみてください。
毛布の方が重いのでは?
羽毛ふとんは、膨らむから暖かい。
だから、上から重たいものを置くことによって、暖かさを無くしてませんか?
羽毛ふとんは、軽いのが長所です。
羽毛ふとんより重たいものをなぜ?掛けるの?

さらに、毛布の暖かさは、身体とのフィット性(ドレープ性)により生まれ、
羽毛ふとんより優れています。
したがって、もう1枚という時に毛布と考えるのです。毛布を襟元に巻きつけたら
暖かいですよね。だから、襟部分があるのですから。

のざわでは、羽毛ふとんの上に重たい毛布をおススメしません
軽くて暖かい毛布を、羽毛ふとんの中に1枚入れませんか?
決して、羽毛ふとんの良さを損ないません。
トータルに寝具を考えるブランド寝具には、羽毛ふとんと併用を考えた、
軽くて暖かいアクリル毛布が多数展開しています。
今回、ご紹介するのは、

LANVINCOLLECTIONプルミエールシリーズ
【商品名】 アクリル毛布/デュオ
【サイズ】 140cm×200cm
【配 色】 ブラウン、ホワイト
【価 格】 >¥21,000(税込)

この毛布は、アクリル繊維の中でも特に優れていると評価される東洋紡エクスランを使用し、
そのエクスランの中でも繊維が超極細であるプレリールという糸を高密度に打ち込み、
とても柔らかく仕上がっています。肌触りがとても柔らかく、さらに洗濯してもその風合いの
変化が少なく長い間お使いになれます。
実際触ってみると、その柔らかさは実感できました。
毛布としての膨らみは、他の製品と比べるとありません。
襟元には、2重毛布と同じ様にファーになっていて、襟元の寒さも防げます。
もちろん、静電気防止加工、防臭・防虫加工してあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント