ベッドマットレスのお手入れ方法をご紹介します。

ベッドで寝る=ベッドマットレスで寝る。
ベッドマットレス=敷き布団の一部
理想の敷き寝具=マットレス+ベッドパッド

理想の寝姿勢を維持=マットレスのお手入れ+ベッドパッドのお手入れ

今回は、ベッドマットレスのお手入れ・取り扱いについてご紹介します。
ベッド購入後ほとんどの人がベッドとマットレスはそのままの方が多いのではないでしょうか?
ベッドは、お手入れが必要です。特にベッドマットレスが重要です。

ベッドマットレスにも寿命があります。ここで言う寿命とは、性能の維持のことです。
何もしないマットレスの長い間寝ていると、腰部分、背中部分の凹みがおおきくなります。
このような状態になると柔らかく感じたり、腰痛になったりと正しい寝姿勢が保たれにくくなります。このようなマットレスの性能(ここでは正しい寝姿勢維持)を保つためのお手入れとアレルギー対策として欠かせないお手入れ方法をご紹介します。
このお手入れ方法は、フランスベッドによるお手入れ方法に、私が考えるお手入れ方法を加えたものです。

①1~3ヶ月に一度上下を置き換えましょう。
同じ向きで長期使用すると、体重比重の大きい腰、背部のところだけ凹みやすくなるので、このお手入れが必要になります。これは、和布団や羊毛ふとん、ウレタンふとんにも共通のお手入れになると考えます。

②ベッドパッドはこまめに交換を。
ベッドパッドは、ベッドマットレスに欠けている機能、保温性、吸湿発散性能を補うアイテムです。寒い時は、保温効果、熱い時は汗などの湿気を吸収、発散するものです。特に身体に一番近いものなので、こまめに干したり、洗濯したりが重要になります。

③3ヶ月に一度は日光に当てるのが理想的。
これは、和布団、羊毛布団とおなじ効果を得るためです。

マットレスは、防ダニ・防虫機能は当たり前のようにあります。
しかし、表面についたほこりや繊維、フケ、皮膚カスなどがダニのえさになります。これを払うことが必要であります。日に当てることで、室内にいるダニを殺す効果も期待できます。
また、掃除機をかけることもオススメします。マットレスの表面にはキルト加工されていること多く、その縫い目にホコリや髪の毛、繊維クズなどがたまりやすいからです。
また、お手入れのとき、ベッドボディー(ヘッドボード、サイドフレーム他)のホコリなどを除去するのを忘れないでください。

画像


次にマットレスを裏返す時の方法です
一人でマットレスを裏返すのはその重さゆえとても困難だとおもいます
比較的簡単な方法はこんな感じです。

①マットレスを手前に引き矢印の方向に90度回転させます。
この作業だけでも大変です。SD以上では、2人がかりでやったほうが楽です

②ベッドの足元によせる。

③側面で立てる。

このとき新品時より柔らかくなっていたり、腰の部分だけクニャクニャしている感じがしたら
買い替え時期かもしれません。

④表と裏を逆にする。
両面使用の可能なマットレスのときは裏表逆にしてください。マットレスの種類の中には両面使用できないものもあります。

⑤頭と足が逆になるように回転させる。

とても大変な作業です。しかし、ベッドマットレスの機能を最大限生かすためには必要なお手入れです。
ベッドは、寝具です。理想的な寝姿勢を維持するための敷き寝具です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント