ウール毛布は、快適睡眠のためにおすすめする理由(わけ)とは①~吸湿性~

快適睡眠のためには、3つの条件が満たされるとよいといわれています。
①寝室の温度、湿度条件
部屋の温度は、22℃を境に使用する寝具を変えるのが一般的に
言われています。
22℃を超えると夏用寝具。それ以下だと冬用寝具。
さらに、15℃を下回るとより毛布、かいまき、肩あてなどの補助寝具が
必要です。

②光や騒音などの環境条件
個人差によりますが、明るすぎなど寝室の条件です。

③寝床内気候の適温・適湿条件
一般に温度33℃、湿度55%が最適条件とされています。
これも個人差があります。
汗をかきすぎる。足を出す。手を出す。寝返りが多い。これらの症状は、
暑すぎる、ムレを感じている傾向があります。

ウール毛布は、上記条件を満たすため掛け布団などの補助寝具としては、
最適な寝具と考えています。

ウール素材についてここでは、吸湿性についておしらせします。
ウールは、繊維の中で一番吸湿性があるといわれています。
その独特な構造から繊維内部は、水蒸気を吸収する性質、親水性があり、
濡れずに30%まで水分を吸収します。
また、吸引した水分は、ウール繊維を通過してにがす性質もあるため、
睡眠中に汗をかいた寝床内の湿度の上昇を防ぐ調節機能をもっています。 

一方、ウール繊維の表面は、水をはじく疎水性を持っているため、汗による
表面のベトつき感がなく、さわやかな感触を保っています。

ウール繊維特有の表面の疎水性、内部の親水性という相反する機能により
ウール毛布は、寝床内の温度・湿度を効果的に調節することがでいます。
画像

YSLリュクスライン/ウールブランケット・レーヌ ¥26,250(税込)

画像

MISSONI HOMME/ウール毛布・シエナ ¥15,750(税込)

寝室のおしゃれのざわ
ショピングサイト入口


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

http://www.bb-dd.net/
2012年10月09日 15:06
【激安】銀行振込限定商品 モンクレール ダウン レディース 【MONCLER/モンクレール】 GHANY ガーニー ダウンベスト クリーム Cream.