テーマ:腰痛

横向き寝専用【枕】《グースリーパー》を知っていますか?

からだに優しい寝姿勢である「側臥」を、6/18に紹介し大変な反響があり驚いています。 しかし、この横向き寝「側臥」に対応した枕は、今までありませんでした。 日本睡眠学会の認定医が検証し横向き寝専用枕がこの【グースリーパー】です。 久留米大学医学部の睡眠研究チームの1年半の研究を経て西川産業が商品化した横向き寝専用枕です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木綿ふとんは、リフォーム、再利用できます。

1枚の敷きふとんで座布団5枚がつくれます。 押入れの中で場所をとっている敷きふとんが、座布団5枚に作りかえられます。 長座布団なら、3枚分になります。 創業70年の伝統と技術力で信頼のふとんを自社工場でおつくりいたします。 掛布団がこたつふとんに生まれ変わります。 掛布団は、羽毛ふとんになったので押入れの中で邪魔になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整圧敷きふとんは、ムアツふとんが進化した!?

自然界の中の最も美しい形の一つタマゴ。その美しさの中の驚くべき力からヒント得た敷ふとんのムアツふとんが進化しました。 従来の機能は維持しつつ、理想の寝姿勢である側臥(横寝)に対応するために、体圧分散機能を強化しました。従来のムアツふとんのA層、B層、C層に加え、D層を加えることによって、体圧分散層と寝姿勢保持層をつくりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

からだに優しい眠り方(寝姿勢)って知ってますか?

いびきは、隣に寝てる人を不快にさせ眠れない原因の代名詞のような存在とされているのが現状だと思います。 いびきをかいて寝ている人をみて、自分ばかり熟睡して良いなあと思っていました。 しかし、実際には気道が塞がり空気の通りが悪くなることが原因で、睡眠不足に陥っているケースが多いと知り、しかも呼吸が抑制され熟睡していないとなれば、日中の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまごの形がヒントの敷ふとん!

自然界の中の最も美しい形の一つタマゴ。その美しさの中の驚くべき力からヒント得た敷ふとんが、ムアツふとんです。 タマゴはタテにすると、上下から力を加えても簡単に割れません。上からの力に対して、立体的に力を分散してしますからです。このつぶれにくく、力を分散するカタチにヒントを得たのです。 ・たくさん並べたタマゴの頂点の点で身体を支…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大村 崑がイメージキャラクターの敷ふとん。

なぜ、大村 崑 がイメージキャラクターなのかはわかりませんが・・・・ 睡眠が、私たちの身体に重要なことは、御存知のとおりです。 しかし、寝ている間に、積極的に身体に働きかけて体内のイオンバランスを整え体質改善に効果があり、血行促進を助けてくれる敷ふとんがあります。 この敷ふとんは、家庭用温熱・電位治療器と呼ばれ、厚生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いびきや無呼吸症候群の症状の緩和に効果がある敷ふとん

調圧敷ふとんは、睡眠中に敷ふとんにかかる体圧をバランス良く分散するため、 5つの部位に最適な素材の堅さと、形状の異なる特殊プロファイルを施すことにより、 理想な睡眠姿勢を保ち、また血流を保持するしくみです。 頭部と脚部は、『ふつう』の硬さになっており、枕とのバランスを考えています。 肩部は『柔らかめ』にして、横に向いた姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長時間無理なく横向きで寝られる敷ふとん。

眠っているときの敷ふとんにかかる身体の体圧を分散することが、心地よい眠りを維持する条件の1つです。 最大の特徴は、肩の部分に柔らかな素材を使用しているため、横向きになると肩がやさしく沈み込み、長時間無理なく横寝の姿勢が維持できます。 さらに、睡眠中のいびきや無呼吸症候群の方の症状の改善に有効な今までにない画期的な敷布団が新発売され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敷ふとんの選び方

敷ふとんの素材としては、綿(木綿)わた、羊毛わた、羊毛混わた(羊毛とポリエステルを混ぜたわた)、綿混わた(木綿わたとポリエステルを混ぜたわた)、キャメルわた(らくだの毛)、ポリエステルわたなどがあります。 敷ふとんの素材に求められるものは、保温性と吸湿・発散性そして支持性です。  保温性に優れているのは、キャメル綿、羊毛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敷きふとんの選び方~腰痛の原因は敷ふとん!?~

腰痛を和らげるためには、「姿勢を正しくすること」、「骨を支える筋肉の力を鍛え、強くすること」、「同じ姿勢を長時間続けないこと」が挙げられます。しかし、寝ているときはどうでしょうか? 寝ているときは、意識がないので、無理では?と思われても不思議ではないですが、敷寝具が正しい寝姿勢を可能にします。しかし、すべての敷寝具が正しい姿勢を保つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more